INDIVIDUAL ENTRY MAIN
Ecotonoha

NECがやってる実験的なサイト「エコトノハ」を知っていますか?

参加者は1日一回枝に言葉を書き込むことができます。書き込まれた言葉が多くなるほど枝が増え、大樹となっていきます。
その日の成長を再現してくれるモードがあるのですが、複数のカーソルが動いたりピコピコクリックしているのを見ると気持ちいいです。

こういうディジタル芸術は具体的に余り意味がないんですが(なんとなく遊んだら楽しいけど)、時々ゲーム産業の新しい方向性やジャンルが生まれてきます。

1950年、Ben LaposkyというアーティストがOscilloscopeを使って玉を画面のなかで反射するアニメーションを作りました。これは世界初のディジタルアートでした。あれに2つの動かせるバーを追加したらPongになります!残念ながらそれが思い付くまで20年間がかかってしまいました。

NEC have implemented a very interesting form of visual communication art on their site called "Ecotonoha" (click "enter - normal" or "enter - fullscreen" on the right).

By signing up as a member you can write one sentence a day at any one of the branches of the "tree". Click the nodes of the tree to zoom in to different parts.

It doesn't have much practical use but it's a lot of fun visually. These kinds of "digital visual art" experiments are really interesting because they quite often inspire new genres or directions to take in the gaming industry.

In 1950, Ben Laposky displayed a "bouncing ball" on his oscilloscope (pictured here) and it is the earliest example of digital visual art. Throw a couple of bats in there and you have Pong! Of course it took another 20 years for the human race to work that out.

Posted by woophin at 05:46 PM on Thu, 07 August 2003