INDIVIDUAL ENTRY MAIN
Tigraf:ラウンドテーブル

先週、東京六本木ヒルズで、『第2回東京国際CG映像祭』が開かれました。ゲームの特集も組まれており、いくつかプレゼンテーションが行われたようですが、その情報については各ゲーム情報サイトでも見れるかと思います。ただ、このゲーム特集の最後にゲーム制作者達によるラウンドテーブルがあったようなのですが、驚いたのがほとんどのゲーム情報サイトでその記事が見られなかったこと。いくつかのメジャーサイトを探してみたのですが、取り扱っていたのは電撃オンラインだけのようでした。(最初にラウンドテーブルの内容を知ったのはGameSpotでした)

テーブルに着いたメンバー構成がパブリッシャ在籍の制作者2人(スクウェアエニックス/直良氏、カプコン/三並氏)、デベロッパ在籍(一人は元ですが)の制作者2人(モノリスソフト/杉浦氏、元UGA/水口氏)となっていたのも興味深いですね。実際、話はCG制作における技術やテクニックに関する方向ではなくゲーム開発の現状やマネージメントに流れて言ったようです。(まぁ技術的な話はそれぞれ個別にプレゼンしてるというのもありますけどね)

򤽤ԥååפȎ

ץǥ塼ȥǥ쥯
ޥ͡ȡʥץǥ塼ˤȥʥǥ쥯ˤ1ͤ٤ʤ

ץǥ塼ϾŪŪʬ򡢥ϥǥ쥯ˤ餻Ƥ롣
ʥΥꥹեȤǤγȯ

ϥꥦåɤαDzˤơץǥ塼ϥ֥졼ǥ쥯ϥܤ̤Ƥ롣

㥹λĴãθ
೫ȯǤϴʳdzȯȻͽ¬ΩƤˤʳФǻĴãˤ

Ȥưھʤȳ̤ΩԳǤƤΤǤϡ

ʥꥪ꤬Ȥä20л񤷤ƤȤϤʤեåͣ뤳ȤǤ뤬줬򤤥ˤľ뤷ʤ

2ǯ20ץȤƤѥ֥å䥹ݥ󥵡ϤϸĤʤãϰäƤΤ֤Ϥ˸ʤäƤ롣

1ͤǥǥǤν
ФԤιޤ뤿ˤϸߤΤ褦ʥ೫ȯι¤Ǥ񤷤

ޥȥå2ͤδĤ⤷1ͤäʤ鴰ʤä⤷ʤ

ȯǤäΤ˰֤ŤʤФʤǤ礦

᥸㡼ԤΩ
ĤƤΥϥꥦåɤ⺣ΥȳΤ褦˴Ĥץǥ塼ҰȤƸۤäƤ

ΩĤФƻĴãǤ륨󥷡«ͥѲƤä

ܤΥȳ⤽žޤƤƤΤ⤷ʤ

ȤǤ礦

Posted by woophin at 12:28 PM on Thu, 13 November 2003