INDIVIDUAL ENTRY MAIN
computer generated

最近会社にAIに詳しい人が入ったので、私が知らないAIに関するサイトを少しずつ発見してます。興味深い分野ですが物理とグラフィックスで忙しくてなかなかAIに力を入れる余裕がありません。

中では、"evolving creatures"周りでgoogleしてたら、Gallery of Computationというものがありました。コンピューター処理により芸術ですが、綺麗で技術的面白い。どれもプログラマー心をを喜ばせるようなものです。全ての作品がjava appletに生成されていて、実行するたびに同じパターンを使った違う作品が生成されます。

個人的に一番気に入ってるのが町っぽい風景を生成するapletです。アルゴリズムの進み方が見えて、昔実装したcity generationのことを思い出した。

同じカテゴリーで「processing」という、画像やアニメーションを楽しむためのプログラミング言語/環境がありました。showcase(java applet)はこちらにあります。ベクトルグラフィックス、テクスチャー、フォント、サウンド、入力などを簡単に処理出来るようなAPIです。これでゲームを簡単に作れそうですがなぜか芸術的な作品の方が多いみたいです。

Posted by T-virus at 12:03 PM on Mon, 30 May 2005