MONTHLY ARCHIVE FULL VIEWCOMMENTS(5)MAIN
アミガの歴史

ヨーロッパの80年代の後半といえば、やっぱりアミガブームの時代でした。関係ない事を探していて、このページ、「Exotica」を偶然発見しました。

exotica_animated_small.gif"Welcome to ExoticA. A HUGE Amiga website full of classic and great Amiga Music, Software, Artwork, Nostalgia and much much more."

「Exoticaにようこそ。ものすごく巨大な、アミガのみのホームページですので、アミガの音楽やソフトやアートやノスタルジックな物やいっぱいいっぱい載せてあります。」

残念ながら日本ではアミガは余り流行りませんでした。でも、すごく出来のいい機械でした。重要なポイントは:

■ 84年に発売され
■ OSが先制マルティタスクでした
■ 専門サウンドチップ、4チャンネルの8ビットのPCMでした(ローパスフィルター付)
■ 専門グラフィックチップ(BLITTER)、2Dがかなり速くて、ポリゴンでも余裕でした
■ 専門ビデオチップ(COPPER)、画面関係の処理が楽でした
■ GUIも、完全なマルティタスクでした

この楽しいスペックで、あの伝説なメガデモの「シーン」が生まれました。ExoticAでは、「Amiga Demo Scene Reference Manual」がありました。信じられないぐらい沢山あります。その後、ヨーロッパのゲーム産業に入った人も多いでしょうね。(実は、私も昔メガデモを作っていたし)

アミガ時代の音楽も素晴らしかった。「SoundTracker」という無料ソフトがあって、だれでも簡単に音楽を作る事は可能でした。何年間の間に「SoundTracker」もかなり成長したので、その歴史もこちらに全部書いてあります。ちなみに、後の方のSoundtrackerは無理やり音を8チャンネルにも再生できていた。

アミガのTrackerを再生するソフトはこちらです

アミガの音楽ファイルの覧はこちらにあります。6000個もExoticaに載せてあるらしいので、びっくりしました!かっこいい懐かしい曲がいっぱいありました!

特に聞かせたいのは:(聞くと鳥肌がでる)

SpeedBall 2
Hybris
Turrican 3

ちなみに、その前の時代(ZX−SpectrumのFM音楽)の伝説「David Whittaker」の音楽も全て載ってあります。特に「YMXenon」を聞いてください。

ボックスアートも全部あるし、すごいサイトです!

アミガ時代みたいな盛り上がる時はまた来ないのかな?次世代のハードは買ったままでプログラミングができたり、コンテンツを作れたりできるようにしてほしいなぁ。

(アミガのエミュレータがあるので、試してみてください。ウインドーズ版はこちら。)

Posted by PixelJunk at Mon, 01 December | Comments (5)

DECEMBER 02 FULL VIEWCOMMENTS(1)TOPMAIN
ゲーム機の枕・・・!?

あほらしいけど、Zumi(いずみ?)という埼玉で暮らしている女の子が急にゲーム機の形でクッションを沢山作り始めたらしい。オレンジのゲームキューブは結構かわいいですね。

E−Bayに一応載っているらしいですが、まだ値段が余りあがらないようです。(まだ2000円ぐらい)

zumi_gc1.jpg

こんなんは微妙と思うよね・・・

Posted by PixelJunk at Tue, 02 December | Comments (1)

DECEMBER 02 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
エンブリオ

今日のTechsideに『エンブリオ』という一輪バイクが載ってました。情報元はWIREDだそうです。

-------WIREDから引用-------
一輪構造で、電気、および水素を使った燃料電池を用いて、障害物を避けながら身軽に走行する。直立体勢を保つのはジャイロスコープを組み合わせたシステムだ。スタンバイモードでは、ジェット機の着陸用車輪のような2つの補助輪によって縦方向の安定性を増す。

vow.jpg一輪ならではの小回りのよさを生かしてくるっと障害物をかわしながら高速で移動する様子や、スタンバイモードの様子は想像するだけでわくわくしますね。本当に発売されたら確かにセグウェイよりは断然乗ってみたいかも。とはいえ、現在はまだまだデザインレベルで試作品すらないようなのでちょっと残念です。(街中で見られるようになるのは2025年ですか・・・あと20年後か)それにしてもこのデザイン、ドラゴンボールにすごく似たのありませんでした??

ちなみに、エンブリオって聞くとSCEのHPにあるノンフィクション小説を思い出してしまいます。

Posted by woophin at Tue, 02 December | Comments (0)

DECEMBER 03 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
KAMI-ROBO

ちょっと情報が古くなってしまうのですが、『LICENSING ASIA 2003』というイベントが11月4日~6日にありました。あまり聞きなれないイベントだと思うので、軽くイベントHPの概要から転載すると「国内外の出展者各社が所有するキャラクター、ブランドロゴ、イラスト、写真等の著作物や商標(プロパティ)を展示・紹介するイベント」だそうです。ゲーム会社からもセガ(ソニック)やナムコ(太鼓の達人)が出展してたようです。そこに知り合いのデザイナ事務所が出展したのですが非常に面白いキャラクターなのでぜひ紹介したいと思います。

[KAMI-ROBO]
カミロボは紙で作られた身長15cm~20cmくらいのオリジナルのロボットファイター。両手にカミロボを持ち、思いっきりぶつけ合い技を掛け合う。壊れたら修復するだけ。手作りのキャラクターのコレクションではなく、目的はあくまで戦わせて遊ぶもの。
(カミロボHPから抜粋)

このキャラクター達を生み出した安居さんには一度お会いしてお話を聞いたことがありますが、その圧倒的物量と世界観に驚かされました。ギャラリーのページは必見です。

[COPET]
かなりかわいいキャラクターグッズが展開しているアニマルキャラクターのシリーズ。

つい最近、ゲームにおけるキャラクターグッズやアニメ、映画などとの複合展開について会社のメンバーと話したのですが、こういうデザイン事務所とコラボレーションした作品って面白そうですよね。PS時代に確実に在ったライトユーザー層向けというか。その層って今どうなってるかな?(11月後半にモジブリボンとくまうたを投下してきたからどうかと思ったけど、CMや面白い展開は一切なしですか・・・)

機会があったらデザイン性を生かしたゲームにも挑戦したいけど、スタジオでの開発の場合、パブリッシャから開発資金を得れないので(IP関係をパブリッシャに渡せないため)どうやって資金繰りをするかが難しいです。

Posted by woophin at Wed, 03 December | Comments (0)

DECEMBER 03 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
OPTE

最近newscientist.comopteという、全世界のインターネットの視覚地図を一日で作り上げるプロジェクトについての記事がありました。

opte.jpg

米国のネットワークエンジニア、Barrett Lyon氏によるプロジェクトですが、プロジェクトページの「歴史」セクションを見ると、Barret氏がこのInternet Mapping Projectを見て、「出来た画像がきれいだけど役に立たないし、ソースもそんな簡単に公開しないだろう。そのうえ、一つの画像を作るのに6ヶ月間がかかる。僕は一日で全てのインターネットをスキャンするプログラムを作ってみせる。」みたいなことを言い出して、周囲から白い目で見られながらもプロジェクトを発足させました。

彼の目的:無駄に使用されているIPスペース、IPスペース分布、自然災害の影響、天気や戦争の影響を知る以外にも芸術的な目的もあるみたい。

生成されたマップの形式は大きく分けて二つある(Large Graph Layout、Graphviz)。VRMLファイルもあるけどでか過ぎてこっちでは開けなかった。サンプルファイルはこちら。プログラマーの方へ:Graphvizをまだ知らなかったら、ぜひぜひチェックしてください。開発に役に立つグラフ作りツールです。

実行ファイルのダウンロードがまだ出来ないけど、もうすぐリリースされるそうです。ソースを直接頼んでもいいと書いてある。


Posted by T-virus at Wed, 03 December | Comments (0)

DECEMBER 04 FULL VIEWCOMMENTS(7)TOPMAIN
イノセンス

Nice stills of the next Ghost in The Shell movie (called innocence) have just been posted on Production IG's Innocence page (1,2,3,4,5). You can already do ticket reservations at Lawson convenience stores. Here is the movie's official website, and you can view the trailer here, the movie looks excellent.

Enjoy!

poster02.jpg
Posted by T-virus at Thu, 04 December | Comments (7)

DECEMBER 09 FULL VIEWCOMMENTS(3)TOPMAIN
ShaderWorks

It looks like tools for Dx9 shader creation are actually starting to mature into something useful. Over the past couple of months I've seen various attempts at decent tool for creating Dx9 .fx files, none of which has really cut the mustard.

shaderball_small.jpg
(an image rendered in realtime with HLSL - from ShaderWorks' gallery)

There has been ATI's attempt with RenderMonkey, which whilst interesting never seemed to have any real focus, or infact be very stable. It seemed like ATI were on the right track with what they were trying to achieve, but something about it was lacking. There was always Microsoft's own EffectEdit, which provided you with a simple interface in which you could edit effect files in real time and see the results, which again was fun to play with, but wasn't really what you'd consider to be a full tool.

Now however it looks like things are hotting up with the alpha release of ShaderWorks from Mad Software. I remember having a look at a very early release of this tool some months ago when it wasn't really anything more than a couple of nice shader demos. Now however its transformed itself into possibly the most useful shader tool I've seen yet. The interface is nice and user-friendly, with lots of features and buttons to play with. But its big advantage is that it has support for a "visual" method of creating and editing your shaders.

Posted by kallisti at Tue, 09 December | Comments (3)

DECEMBER 09 FULL VIEWCOMMENTS(2)TOPMAIN
新たなる挑戦者
10年ものあいだ携帯機市場に君臨しているゲームボーイシリーズに、新しい挑戦者がまたしても現れました。PSP、N-Gage、Zodiacら最近登場の携帯ゲーム機に共通していることは、専業ゲーム機でなく価格が高めであるということです。かつてゲームボーイが倒した相手、セガのゲームギアやバンダイのワンダースワン、SNKの、えと、なんだっけ?はそれぞれ低価格のゲーム専用機でした。ワンダースワンの参入時に任天堂の山内社長(当時)は「やめときなはれ、損するだけでっせ」と語ったと聞いていますが、その言葉どおりに同じ土俵ではゲームボーイはポケモンの活躍もあって無敵でした。しかし、相手が土俵を変えてきた場合はどうでしょうか?相変わらず王者として君臨し続けることは出来るのでしょうか?
Posted by 1k at Tue, 09 December | Comments (2)

DECEMBER 10 FULL VIEWCOMMENTS(7)TOPMAIN
鼻毛抜きへの再会

hanage1.jpghanage2.jpg

5年ぐらい前に見つけたこのページにまた偶然出会いました。
一時期もう一度見たくて探していたけどぜんぜん見つからなかったんだよね。
懐かしさのあまりにフムフムにも載せちゃいました。
(アホさ加減が絶妙です)

Posted by woophin at Wed, 10 December | Comments (7)

DECEMBER 12 FULL VIEWCOMMENTS(2)TOPMAIN
Philip K Dickの新作

pkd02.jpgPhilip K Dickが20年前死んでしまったのに、かれが書いた本がまだまだどんどん映画になります。知らない方がいるかもしれませんので、Philip K Dickが「Blade Runner」、「Total Recall」、「Scanners」、そして「Minority Report」を全て書きました。(全てが亡くなった後映画になりました)

次は「Paycheck」という50年代で書かれたショートストーリーがJohn Wooに監督されているようです。あの「Kill Bill」の素晴らしいUma Thurmanが出るので、かなり楽しみにしています。Uma Thurmanといえば5年前「Gattaca」という感動的なSF映画に出ましたよね。(まだ見ていないなら是非おすすめします)

ちなみに、PKDの「A Scanner Darkly」という一番有名な本もいつか映画になるみたい。「Adaptation」や「Being John Malkovich」を書いた人、「Charlie Kaufman」がスクリプトの準備をしているが特に気になります。

Posted by PixelJunk at Fri, 12 December | Comments (2)

DECEMBER 15 FULL VIEWCOMMENTS(3)TOPMAIN
ゴミだらけの地球

sat4.bmp最近のニュースではないけど、昨日NASAのサイトで地球の周りにある人工衛星やごみをリアルタイムでみせるという面白いプログラムを見つけた。その中にこのようなことが書いてありました:

「地球の周りに8000個以上の物があり、その中の2500は人工衛星(起動するのと起動しないのも含めて)。それ以外のもの人間によるゴミ[...]。」

ちなみにNASAのサイトでお奨めなのは一番面白いのは700台の衛星を3Dで表示するJ-Track3DというJava appletです。(Option→Timing→realtimeにすると衛星の位置がリアルタイムで更新される)。

その後、衛星について検索していたら、AceCombat4のcreditsにあったSpace Imaging社のことを思い出しました。サイトを調べてみたら、かなり面白いギャラリーがありました。空爆されたバグダッドの超現実的な写真や、テロにあった現場の衛星写真など色々ある(Everestの3Dアニメーションまで!)。時間があったらImage Of The Weekをチェックしてみてください?

日本語版もある


Posted by T-virus at Mon, 15 December | Comments (3)

DECEMBER 15 FULL VIEWCOMMENTS(2)TOPMAIN
東京大学ゲーム研究プロジェクトの公開講座

さる12月12日、東京大学ゲーム研究プロジェクト第1回の公開講座が開かれましたが、その要約があがっています。

ゲームのやりすぎが原因で子供が引きこもりになることはありません
(東京大学ゲーム研究プロジェクト公開講座)

「テレビゲームと子供たち ―社会心理学の立場から―」取材ノート 1of3
「テレビゲームと子供たち ―社会心理学の立場から―」取材ノート 2of3
「テレビゲームと子供たち ―社会心理学の立場から―」取材ノート 3of3

(ニュースソース: Slash Games

テレビやインターネットなどのほかのメディアにに比べて特に悪いこともなく、ただ、他のメディアが役立つ面があるのに比べてゲームは実用的な面が無いために槍玉に挙げられがちです。しかし、詳しい研究はまだなされておらず、実際にどうかについてはあまり判っていないのが現状です。ゲームが魔女狩りに会わないためにも研究が今後も継続的に行われていくことを望みます。

Posted by 1k at Mon, 15 December | Comments (2)

DECEMBER 16 FULL VIEWCOMMENTS(1)TOPMAIN
パックマンvs.

クラブニンテンドーに加入したら、パックマンvs.が送られてきました。そんなプレゼントやってたんですね・・・。会社のみんなでやってみたんですが、結構面白かったですよ。

pacman.jpg


Posted by woophin at Tue, 16 December | Comments (1)

DECEMBER 17 FULL VIEWCOMMENTS(2)TOPMAIN
WipeoutがPSPへ?

ss_Wipeout.jpg噂なんですが、gamesindustry.bizによると、WipeoutがもしかしたらPSPに出るかも、と書いてあります。日本ではWipeoutがそんなにヒットしなかったけど(ファンは実は結構いるけどね)、イギリスやヨーロッパではプレーステイションを買うんだったら必ずWipeoutとTekkenも一緒に買っておかないと行けないという感じでした。多分PSP版は別のチームだと思うけど、頑張って伝説的ないいゲームを作ってほしいですね。期待しています。

Posted by PixelJunk at Wed, 17 December | Comments (2)

DECEMBER 18 FULL VIEWCOMMENTS(1)TOPMAIN
米国で任天堂に盛り返しの兆し

Gamasutraの記事(無料ユーザー登録が必要)によりますと、米国での第4四半期決算において任天堂のゲームキューブが大きく盛り返したそうです。永らくNo2の座を守っていたXboxを遂に追い抜き、PS2にも迫る勢いの売り上げを記録しています。ハードの値下げや、11月始めに発売されたマリオカートダブルダッシュの好調な売れ行きが大きな効果を上げたのだと思います。

面白いゲームが発売され、それがすぐさに見える形でシェアに反映されるのって結構健全な市場なのかもしれません。

Posted by qul at Thu, 18 December | Comments (1)

DECEMBER 18 FULL VIEWCOMMENTS(6)TOPMAIN
来たぞ、OUTRUN2

京都にある、寺町のAchoゲームセンターに一台のOutrun2が届いた。がまだ起動してないけど、準備中です。今日中に終わるでしょう。

outrun2.jpg

Posted by T-virus at Thu, 18 December | Comments (6)

DECEMBER 18 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
「QRIO」デモ

qurio.jpgソニーが開発しているヒューマノイドロボット「QRIO」のデモがあったそうです。これまでのロボットは片足、もしくは両足が地面に接した状態でしか歩行運動ができなかったのですが、今回開発した最新技術で始めて両足が地面についていなくてもロボットのバランスを制御できたそうです。その様子を撮影したムービーがasahi.netで見られます。これまでのロボットにくらべ格段に動きがちょこまかしています。うーん、かわいい。投球フォームもいっちょまえですね。毎分14mで走れるらしいです。日本人の平均身長でスケールスピードを計算したら4km/hぐらい出てますよね?かなり速いかも。

じつは以前、旅行もしてたみたいです。

Posted by woophin at Thu, 18 December | Comments (0)

DECEMBER 18 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
クリスマスプレゼント

全く何とも関係ないくだらないものですが、面白過ぎるんで載せときま〜す・・・ どうぞご覧下さい。あとさらにくだらないけどこれ・・・

A little something for everyone in the run up to christmas.

...and this.

Posted by PixelJunk at Thu, 18 December | Comments (0)

DECEMBER 19 FULL VIEWCOMMENTS(46)TOPMAIN
ラチェット&クランク2ファーストインプレッション

ratchet.jpg遅ればせながら、ラチェット&クランク2を遊んでみました(仕事で)。このゲームはラチェッット&クランクの一作目が出てから、約1年でリリースされたそうです。リアルタイムに行われるムービーや細やかな演出等細部まで表現されていて、内容はてんこ盛り。すでにエンジンがあるとはいってもこれを1年で完成させるのはすごいです!マネージメントと各スタッフの方々には拍手喝采です。

内容は正統進化というか水増しというか、1がそのまま膨れ上がった感じというのが正直なところでした。(クリアするほどやったわけではないのでこれは正しくないかもしれないです)どちらかというとRPGなのかなと思います。その世界観やキャラクターが好きで、お話を見たくてゲームを進めていくような。いろいろな武器はちょっと楽しそうなのですが、それを集めるほどゲームを続ける意欲はわきませんでした。

ちょっときつい言い方になちゃいましたが、このゲームを作った方々は尊敬します。INSOMNIAC GAMESの方とは一度会ったことがありますが、非常にゲームが好きで面白いものを作ろうという姿勢を感じました。彼らの情熱が入ったゲームを遊びたいです。今回のゲームはベルトコンベアで作られた工業製品のような感じしかしませんでした。技術や能力はすごいのにって思うと逆に言いたくなりますね・・・。

あとひとつ、すごく驚いたことがあります。説明書にあるスタッフクレジットですが、ゲームを作った人たちは会社名しか書いてなく、ローカライズした人の名前がほとんどを埋めています。しかもメインターゲットは子どもなのに全部英語。これじゃあ、まるでローカライズした人がゲーム作ったように見えるんですけど。これって普通?

Posted by woophin at Fri, 19 December | Comments (46)

DECEMBER 24 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
ミサイルではなくサンタ

NORAD_santa3.GIFNORAD(NorthAmericanAerospaceDefenceCommand:北米防空局)は、北米大陸に空から侵入する航空機やミサイルを見張ることが仕事ですが、毎年この時期(12月25日)には仕事が一つ増えます。彼らはミサイルと一緒にサンタクロースを監視しているのです。
これはNORAD設立以来の伝統ある職務だそうです。

NORAD設立期とは異なり、もはやソ連のICBMが北米大陸に振り注ぐ危険はありません。GLAのスカッドストーム(*1)(なんのことかわからない人、ごめんなさい)も射程が短く、北米には届きません。したがって、国外からやってくる飛行体でNORADにとって重要なのはもはやサンタぐらいです。

国の機関がこういうことを出来るだけのユーモアがあるというのは羨ましいことです。日本も熊や狸のための高速道路作る分をこういうことにつぎ込む柔軟性があれば、国民の幸福度ももうちっとは上がると思えます。

*1:「コマンド&コンカー:ジェネラルズ」というゲームの兵器。このゲーム、現在社内で大流行しております。ちなみに、スカッドストームは炭疽菌の詰まったスカッドを大量に撃ち込む兵器で、他の陣営には対応するものとして核ミサイル・粒子ビーム兵器があります。

Posted by 1k at Wed, 24 December | Comments (0)

DECEMBER 25 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
Outrun2 Impressions

Outrun2をやってみました!

ちゃんとしたレヴュー を書くつもりはないので、Outrun2を最初に遊んだ時にプログラマとして受けた印象を書いてみたいと思います。

outrun2-a.jpg


まず言えるのは、非常によく出来てるゲームです。どんな面でも原作を裏切らないし、最近の技術や新しいゲームデザインのアイディアを活かしてる一作です。最初に遊んでみたら、気持ちよくて思わずにこにこ笑う。

何がそんなに良かったですか?

1)最近の技術で表現される原作から持って来られた部分(スタートラインのアニメーション、カークラッシュ、風景のデザインとか)

2)期待通りのゲームプレイ

ゲームプレイを出来るだけ当時と近い物にしてくれたようにみえる。ドリフトが面白くて分かりやすいことは何よりです。欧米のレースゲームプログラマが3000年頑張っても、こんなのを絶対に作れないと僕は勝手に思ってる(きつい言い方かもしれないが...欧米ではドリフトは日本みたいに宗教的なものだはない)。長い間やってないけど、Scudraceにすこし似てると思いました。後、物理計算を超えたカークラッシュ(ドリフトの途中で他の車と当たるときと大クラッシュのアニメーションとか)はやっぱり魅力的です。

Posted by T-virus at Thu, 25 December | Comments (0)

DECEMBER 28 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
FumuFumu-Qで見る2003年

今年も気づくと年の瀬です。もう2004年は目の前、結局アトムは生まれませんでしたね。7月から始まったFumuFumu-Qも半年分のアーカイブがたまりました。そこで、アーカイブからいくつか記事をリンクしつつ、今年一年(半年)を振り返って見ました。


日本のゲーム産業

今年は、ゲーム産業自体の方向性が問われる一年でした。ハードに対してソフトが売れないPS2、PS2の圧倒的シェアに食い込めない任天堂とマイクロソフト。日本のゲーム市場が-18%に縮小したニュースがFumuFumuでも取り上げられました。産業の中心にある大手メーカーのゲーム制作者が会社を辞めた年でもありました。ハル研の桜井さんUGAの水口さんはフリーに、カプコンの岡本さんは新会社を設立されました。この方々が会社を離れた理由、その奥にあるものは今のゲーム産業とユーザーとのずれと同じなのかもしれませんね。だからこそ応援せずにはいられません。(特に桜井さんは応援しています)

海外のゲーム産業

日本の低迷とは逆に好調さが目立つ海外市場ですが、イギリスではいくつものゲーム会社が倒産するニュースが目立ちました。もちろん開発能力がない会社であれば問題ないのですが、パブリッシャとスタジオの契約に大きな原因があるようです。ハードの能力が高くなるにしたがって開発に必要な資金も高くなってきましたが、今やその金額は契約の打ち切りと同時にスタジオの倒産を意味することになってきました。しかし、そういったこれまでのビジネスモデルに頼らないで新しい方法をチャレンジしている会社が登場し成功しました。その成功例は今後の日本でも指針になりえるのではないでしょうか。日本で行われたTIGRAFでも同じような話題がラウンドテーブルで話されていたことも印象的でした。


FumuFumuでは、当たり前の大きなニュースはあまり取り上げていないので、少し変わった話題が中心になってしまいましたが、厳しいと言われるニュースの裏にはそれを変えるチャレンジをしている人たちがいることがわかります。そういう人たちが活躍する2004年を期待したいですね。それでは皆様、よいお年を。なお、今年はこの記事が最後となります。FumuFumu-Qは2004年1月4日までお休みいたします。また来年よろしくお願い致します。

Posted by woophin at Sun, 28 December | Comments (0)