MONTHLY ARCHIVE FULL VIEWCOMMENTS(2)MAIN
街中PACMAN

あほらしいけど、町を利用してPacManを遊んでいる人がいるらしい。New Yorkの「Village」と呼ばれる場所で走り周っているようです。一人がパックマンの服を着て、後の4人はオバケとなります。そうして、自分の位置を電話でゲームマスターに教える。ゲームマスターの前に町の地図があって、その上にピースを動かしています(Chessみたいに)。Pacmanが捕まえられるとゲームオーバーです。

ばかな人がいるなぁ、と思ったんだけど、想像したら結構楽しいんじゃないかなとだんだん思って来てしまった。ずっと走るのはしんどいから、ブレードか自転車でやったらもうちょっとよくなるかもしれません。そうして、オバケの人数を多くしたら、Pacmanになっている人は結構どきどきとなってくると思います。

Posted by PixelJunk at Thu, 06 May | Comments (2)

MAY 06 FULL VIEWCOMMENTS(1)TOPMAIN
EyeToyでグループチャット

B00015BG4S.09.LZZZZZZZ.jpg
まだ詳しい内容の説明はされていませんが、EyeToyシリーズから今度はチャットソフトが出るみたいです。しかしEyeToyを使ったチャットと言っても殆ど普通のビデオチャットと変わらないようです。自分はEyeToyならではの要素としてチャット画面を利用したリアルタイムなミニゲームみたいなものをつい期待してしまったんですが、どうやら付属するソフトはチェスや簡単なボードゲームのみの様です。残念…。詳しい事はE3で発表されるそうですが、それでもコンシューマ機で普通にビデオチャットが出来るようになるのはちょっと面白い事かもしれませんね。

Posted by qul at Thu, 06 May | Comments (1)

MAY 07 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
情熱のあるゲームプログラマーも募集中

qlogo.jpg
現在、Q-Gamesはゲームプログラマーを募集しています。
コンシューマゲームの開発経験があり、C++の技術にも長けている方、そして京都で暮らす事に興味のある方はどうぞご連絡下さい。
Q-Gamesは、よくあるゲーム会社とはちょっと違うスタジオライクな雰囲気の仕事環境と、何よりこれからのゲームの未来を目指した仕事を行っています。

その他Q-Gamesの詳しいメッセージはこちらもご覧下さい。
また、今までに我々がこのページで書いてきた記事も、Q-Gamesの目指す方向を確認できるいい材料になっていると思います。それらも合わせてご覧下さい。

ゲーム開発環境の変化
Zen Game Design
クランチ・モード
ゲーム開発の出資システム

Posted by qul at Fri, 07 May | Comments (0)

MAY 12 FULL VIEWCOMMENTS(2)TOPMAIN
E3 fever

今日E3でPSPDSがやっと公開されました!大きな驚きは無くて、両方ともだいたい予想通りのものになっています。

CVGは任天堂に対して相変わらず熱心的な反応を示します(
E3 2004: NINTENDO DS: PLAYED TO DEATH!
)。読めば、公開されたDSのゲームがどれだけ魅力があるかよくわかります。個人的に3Dの機能は物足りないような気がするけど、どうでしょう。任天堂はスペックはそんなに大事じゃないみたいうなことを言いながら結局3Dを使ってるし、どうせなら出来るだけ綺麗な3Dを出したほうがいいんじゃない?(スペックに力を入れて・・・)
IGNのMediaページ:
Mario kart
Metroid
Mario 64 x 4

残念ながらPilotwingsの気配がない。Pilotwingsを作ってよ、任天堂。

発表されたものの中では特に気になったのはDSのチャットプログラム、Pictochatです。手で書いた画像を使ってコミュニケーションを取ることは楽しいし、仕事でも使いたいぐらい便利そうな機能です。学校の教室でも人気アイテムになれそうですね。

新しいZeldaはとてもいい感じです。画面写真とビデオを見る限り、任天堂はアメリカの市場をより強く狙ってる印象がありますね。気のせい?とりあえず私の期待は大きい。個人的に、時間がかかっても「時のオカリナ」と同じボリュームとクォリティー になってくれたらいいなと思います(難しいだろうけど)。

PSPについては、今朝はIGNにあったビデオしか見れなかった。技術的にやっぱりすごいですね。機能的にPS2に負けないし、PS2と違って開発しやすい。しかし、ビデオを見て思うのは、今のところでPSPは思いっきり移植プラットフォームとして活躍してしまうことです。

新しいリッジレーサの資料がまだ少なそうだけど、嬉しいことに元のリッジのスタイルに戻ったみたい。Rage Racerの部分も出ました!(滝があるトンネルの入り口のところ )。これは驚いた!(というか、興奮した・・・)私はちょど昨夜、Rage Racerをやってたし(今さら中古で600円で売ってる)。私はどうしてこのゲームがそんなに好きか自分でも分からないが、とりあえずPSP版をめちゃくちゃ期待している。

大体、PS2でも、AceCombat4とRageRacerしか遊んでない・・・

久しぶりに昔のリッジのレースクイーンを作った人(kei yoshimizu)のページを調べてみたら、少し更新されていました。

Posted by T-virus at Wed, 12 May | Comments (2)

MAY 17 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
grendizer、まだやってるのか

数週間前に、フランスのCG関連情報サイト3dvfgrendizer the UFOというページへのリンクがありました。日本のアニメUFOロボ グレンダイザーのイタリア人ファンが今CGリメークを作ろうとしている、そのプロジェクトのページです。

どうして今さらグレンダイザーのリメークを作らなきゃいけないかというと、グレンダイザーは七十年代前後にフランスやイタリアで放送されてから向こうでは完全にカルトアニメになってしまったからです。当時子供だった人は現在30代ぐらいになって、趣味でファンアートワークを作る力が付いた。当時の情熱は現在までに数倍にもなって伝わってるのがすごいなぁと思った。

このサイトでは情報がまだ少ないが、置いてある資料のクォリティーはたいしたものです。微妙に格好よく見える([1][2][3])。

こんな感じです。このライセンスはいつでもフランスかイタリアのゲームメーカにゲーム化されてもおかしくないと思います。

ufo.jpg

Posted by T-virus at Mon, 17 May | Comments (0)

MAY 17 FULL VIEWCOMMENTS(2)TOPMAIN
E3の感想

昨日の夜10時にやっと京都に帰りました。一週間ロサンゼルスで開催されていたE3(エレクトロニック・エンタテインメント・エキスポ)に行ってきました。大変しんどかった!でも、面白そうなゲームがいっぱいありました。

69DV1958_RT16FNLL2.jpg

あのInfinium Labsの「Phantom」がデビューしていました。意外とかっこよかったので、びっくりしました。Appleのようなデザインセンスで作ろうとしているみたい。マックユーザを狙っているのかな、と勝手に考えました。マックにはゲームソフトがほとんどないけど、PC(Windows)を絶対買わないマックユーザも多いと思います。でも、そのユーザ達はマックにゲームが無いためにPCをうらやましいとも思っている。だから、Phantomみたいなカッコいい物でPCゲームを遊ぶ事ができたら、マックユーザでも買ってしまうかもしれません。

面白いのは本体を買わず、毎月3000円を払うと本体を「無料」で手に入ります。そうして、ゲームもダウンロードできます。ゲームをどれぐらいダウンロードできるのがまだ分からないけど。

ほんで、本物のPSPを見ました!画面がかなりきれいでした。映画を見る為の十分の大きさでした。
キュー・ゲームスが作った2つのテクノロジーデモもおいてありました。

psp32.jpg

PSPはかっこよかったです!Q-Gamesが作っていた町のデモも結構受けましたので、うれしかった。もちろん、あのアヒルちゃんも作りました。(ちなみに、一緒に町のデモをゲームにしてみたい方がいたら、連絡して下さい)。MGS:Acidもありましたがまだファイナルのハードでやっていないので、フレームレートが確かに遅かった。東京ゲームショーまでには全てのデモがかなりいい感じになると思います。

任天堂のGameboy DSも見ました!タッチスクリーンが付いててかなり面白かったです。残念ながら3DパワーがPSPより弱そうなんだけど、その代わりに画面が2つもあります。Metroidのデモを作った方、Colin Reed(元のPikminのエンジンプログラマー)と偶然会ったんですが、6週間でゲームキューブ版のデータをDSに移植できたと言っていました。

ちなみに、Made In Warioのディレクタ、阿部さんとGBAのMetroidのディレクター中田さんとも会いました。面白そうな2人でした。結局同じ飛行機で一緒に京都に帰りました。そのJL069の飛行機には関西のゲーム会社の方がかなり多かったです。空港で待っている間に、コナミとカプコンの人とも話しました。

日本では余り売れていないんですが、一番面白いゲームがたくさん集まったハードはやっぱりXboxでした。びっくりするほど遊びたいゲームの種類が多かったです。でも残念だけど日本では遊べないんだよね。EAのBurnOut3は特によかった。そしてもちろんOutrun2もありました。それも絶対買いたいと思いますが、日本の発売日はまだまだないみたい。

E3は全体的に楽しかったです。TGSと違って、色んなゲームがありました。今回は韓国人も多かったです、やっぱり韓国ではネットゲームがかなり流行ったから、向こうのゲーム産業が結構健康的に見えます。

では、まだ時差ボケしているので、思いついたらまた書きます。

Posted by PixelJunk at Mon, 17 May | Comments (2)

MAY 18 FULL VIEWCOMMENTS(1)TOPMAIN
いいなぁ、Master of Entertainment Technology degree

今朝SIGGRAPH2004の色んな論文を読んでいたら、Carnegie Mellon 大学のEntertainment Technology Centerのページへのリンクを偶然見つけた。聞いたことがない名前ですが、あのETCでは「Masters of Entertainment Technology degree」を取得できるみたい。紹介セクションでは、こんなことが書いてある:

The Entertainment Technology Center (ETC) at Carnegie Mellon University offers a two-year Masters of Entertainment Technology degree, jointly conferred by Carnegie Mellon University's College of Fine Arts and School of Computer Science. Carnegie Mellon is relatively unique among U.S. Universities in being able to offer this kind of degree, as we have both top-quality fine arts and top-quality technology programs.

The high concept behind both the Center and the Masters program is to have technologists and fine artists work together on projects that produce artifacts that are intended to entertain, inform, inspire, or otherwise affect an audience/guest/player/participant. Because the larger challenge we face in authoring in new media is bringing together different disciplines, our degree program is driven by trying to do this most effectively.

簡単にいうと、技術者と芸術者を意識的に一緒に活動させるコースです。
興味深い大学コースですね。いい時代になったもんです。このような教育を受けることが出来て、現在の大学生は本当にうらやましい。私はCarnegie Mellon大学はどんなところか分からないが、レベルが高いし、想像ではもっと保守的な大学かと思ったら・・・大間違い。エンターテインメントの分野を思い切り大学プログラムにすることは、EUのエリート大学ではちょっとありえないことですね。

そして、私はこのコースについてもっと詳しく知りたかった理由:生徒のプロジェクトページ(実はあそこから入った)。すべてのプロジェクトは生徒が作り上げたバーチャルワールドで、ヘルメットをかぶって楽しむアプリケーションです(aliceというAuthoringツールで作られた)。

中にはとても面白い作品があります。特に、The Wave Of the FutureSuper Mario
を見逃さないで下さい。

今年のプロジェクトページはこちら

Posted by T-virus at Tue, 18 May | Comments (1)

MAY 20 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
Meqon

昨日gdalgorithmsに誰かがこのmeqon物理ライブラリーへのリンクをポストしました。初めて知ったライブラリーですので、少し調べてみました。すぐダウンロード出来るサンプルがなさそうですが色んなムービーがあります。ライブラリーの可能性を見せる長いムービープログラマー向けのプレゼンテーションもあります。

説明を見る限り、とてもいい感じです。

最近UnrealエンジンがNovodexを使うことになったというニュースもあったし、HalfLife2のビデオなどを見ると、ちゃんとした物理ライブラリーを使わないとなかなかやってられないと思うようになりました。

ビデオをローカルにコピーしました:ビデオ1(demo)、ビデオ2(プレゼン)
Divxプレイヤーのダウンロードはこちら

Posted by T-virus at Thu, 20 May | Comments (0)

MAY 20 FULL VIEWCOMMENTS(2)TOPMAIN
Ohdama

「シーマン」やMacの本で有名な斉藤由多加さんの新作がE3にて発表されました。
なんとゲームキューブ用戦国ピンボールでした。ここにゲーム画面とともに斉藤さんの話(開発意図)が掲載されています。独創的で、ピンボールという分かりやすいゲーム性になっていたり、なんとも気になるゲームです。
アメリカのゲームニュースサイト、Gamespyでも記者が驚いてます。

Posted by Motoyan at Thu, 20 May | Comments (2)

MAY 25 FULL VIEWCOMMENTS(1)TOPMAIN
PSPとDS同時発売?

イギリスでは、gamesindustry.bizによると任天堂のDSとソニーのPSPは同時に発売されるかもしれないと噂されています。来年3月18日と書いてあります。DSは200Euro、PSPは300Euroぐらいと予想されています。偶然に同じ日になっているのか、本当はわざと同じ日にしていて戦うつもりなのかどっちかまだ謎ですね。

そういえば、同じくイギリスの「the register」によるとソニーのPS3用のCellというチップのサンプルはもう作り始めているようです。IBMはまだ来年の2005年から本気で作り始めると言っているから、ソニーの方では多分本当に最初のテスト版だけを作り始めたでしょう。

Posted by PixelJunk at Tue, 25 May | Comments (1)

MAY 26 FULL VIEWCOMMENTS(3)TOPMAIN
unreal engine video

新しいUnrealエンジンのビデオです。まだ見てない人はぜひご覧下さい…

物理エンジンの機能を見せるために冷蔵庫を飛ばせるシーンがあるけど、冷蔵庫をいじった後数秒間立ってから次のカットへ行く直前に、その冷蔵庫が勝手に進む姿はちょっと気になりました。

Posted by T-virus at Wed, 26 May | Comments (3)

MAY 26 FULL VIEWCOMMENTS(1)TOPMAIN
宮本さんのレクチャー

アメリカにあるSmithsonian(スミソニアン)国立博物館で、任天堂の宮本さんが先週レクチャーをしていたらしい

他に3人の人がレクチャーしていたけど、宮本さんが紹介された時には映画のスターが現れたぐらいに皆うるさく拍手したようです。記事に色々と面白い事が書いてあります。当時新しいRubik's Cubeを作る為に宮本さんは任天堂に入社したようです。コンピュータがきらいなのでビデオゲームを作れるようになるのとは夢にも思わなかったらしい。(でも世界で一番認められているゲームクリエーターになったわけですよね!)

最近ゲームを遊ぶ人と遊ばない人が大きく分かれてしまったっていうような事も言っていました。私も最近そう思います。10年前は誰でもゲームを遊んでいたんですが、最近コアユーザばかりになってしまったような気がします。単なる波かもしれませんが、今のままだとゲーム産業がさびしい所になってしまうかも。一般の人にまたゲームをアピールさせないといけません。宮本さんの考えだと、ゲームをシンプルな形に戻せば一般の人がまたゲームやり始めると思っている。でも、昔でも難しいゲームが一般人に流行っていたよね?皆が忘れてしまったかもしれないんですが、例えば、実はSuper Mario Brosが出た時、それはものすごくマニアックなゲームでした。

個人的な意見をいうと、シンプル度よりゲームをまたファッションにする必要があります。シンプルにするのはただファッショナブルにする方法の1つだと思います。

ちなみに、レクチャーの最後に新しいゼルダのビデオが再生されたらしい。私がE3で見てて、かなりいい感じになっています。

Posted by PixelJunk at Wed, 26 May | Comments (1)

MAY 26 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
セガの新しいハード

Imaginationというイギリスの3Dハードのメイカーの会計報告書の中に、ちらっと「セガのゲームセンター向けの次世代のハード技術を開発しています」と書かれたらしいです。ほんで来年の始めには出来上がるようです。

Imaginationっていうと「PowerVR」を持っている会社です。(DreamCastなどNaomiに入ってたのがPowerVRのチップセットでした)

Naomiボードを作ってから何年もたつでしょう?セガが新しいハードを考えてくれているのだけでちょっとうれしいですね。

Posted by PixelJunk at Wed, 26 May | Comments (0)

MAY 27 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
マルチ・セフト・オート

ネットをぶらぶらしたら、GTA(グランド・セフト・オート)をネットでマルチプレイしようとしている人達を発見しました。かなり進んでいるようです。

GTA3のMOD(変更パッチ)という形で開発されています

ちなみに、他のマルチプレイヤーにするMODも2つあります:

GGM
GTAtournament

むっちゃくっちゃ無理に頑張っているよね〜

Posted by PixelJunk at Thu, 27 May | Comments (0)

MAY 27 FULL VIEWCOMMENTS(1)TOPMAIN
N5 Release Date

According to the Yomiuri, Nintendo have announced that they plan to release the successor to the Gamecube exactly a year from now, in May 2005. [edit: apparently they are going to announce the successor in May next year, which makes more sense]

There doesn't appear to be much more info than that, but it looks like they are jumping the gun on both Sony and Microsoft.

Then again, Nintendo are famous for not hitting their release dates for new hardware, maybe this date is also a bit pie in the sky.

Posted by PixelJunk at Thu, 27 May | Comments (1)