MONTHLY ARCHIVE FULL VIEWCOMMENTS(0)MAIN
AceCombat5の感想

少し時間がかかってしまいましたが、2週間前発売日に購入したAceCombat5をやっとクリアしました。

相変わらずのクオリティで満足です。前作と違って、スクリプトと仲間システムでムービーとゲームの連携はうまく行っているし、グラフィックが明らかによくなっています。特に気に入ったのは、ミサイルの煙や爆発の特集エフェクト、太陽のエフェクト、地面のテクスチャリングがより細かく見えたり木までがモデリングされていること、など。色々ありますけど、とりあえず技術的に満足しました。戦闘機の操作は前作とほとんど変わらないような気がしますが、仲間とともに(しかもチームのリーダーとして)戦えるのがゲームをより楽しくさせています。日本語や英語のボイスもとても良く、「自分がムービーの中いる」臨場感があります。

今回の作品で一番気になったことはスクリプトの実装だと思います。流れがちょっと単調で、毎回ほぼ同じタイミングで同じセリフを聞かされると、少し飽きてしまう時があります。あと、敵を素早く片付けた場合、「撃たれたぞ」とか「逃がさないぞ」など色んなメッセージが飛んできますが、レーダーを見ると誰もいない「・・・うーむ、どうなってるんだ?」と思う時があります。スクリプト自体にはたまに子供じみた部分があると何回か思いました。しかしこのような細かい問題点があっても、今回の作品ではスクリプトはゲームをより楽しくさせる一つの大きなポイントとなります。

もう一つ気になったのは、敵の戦闘機がワープするバグ(…めったに起こらないけど)、原因は何でしょう?

とにかく大変いいゲームなので、まだ買ってない人にお勧めします。

次の作品も期待しています!

Posted by T-virus at Fri, 05 November | Comments (0)

NOVEMBER 11 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
Nintendo World Touch! DS

NINTENDO WORLD Touch!DSというイベントに行ってきました。

DSがいち早く体験できるイベントという事で会場はたくさんの任天堂ファンで盛り上がっていました。展示場ではほぼ全ての出展ゲームをプレイできる状態になっており、だいたい待ち時間は20分〜50分ぐらいといったところで待ち時間中に持参したGBAで時間を潰しているイベントなれした人もいました。

DSの感想はやっぱり新しい遊びは楽しいと感じました。3時間ぐらいしかいなかったのでDSにあまり触れることはできませんでしたがDSに向かって手をたたいたり、ペンで触るのは”ゲームに参加している”という気分が味わえてちょっと感動です!

東京、札幌、福岡でもイベントがあるようなので触ったことのない人は是非遊びに行ってみるといいと思います。

Nintendo World Touch!

Posted by Arc at Thu, 11 November | Comments (0)

NOVEMBER 11 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
こまねこ
kumaneko.jpg

NHKのキャラクター「どーもくん」のスタッフ達の新しい作品だそうです。どーもクンのときも感じていましたが、CGでは味わえない質感のリアルさ(どーもくんのあの毛さわってみたい・・・)がありますよね。個人的にゲームのCGの人形劇には食傷気味なので(挿入ムービー含む)、原点回帰ではないですがこういうアナログな表現はぐっときます。


公式サイト
各ストーリー 1話から5話 ※現在2話まで

Posted by woophin at Thu, 11 November | Comments (0)

NOVEMBER 11 FULL VIEWCOMMENTS(1)TOPMAIN
Optical Illusions

どうってことないけど、最近色んな錯覚を楽しむ事ができる「48 Optical Illusions & Visual Phenomena」というサイトを発見しました・・・。時間があったら見てください。


Posted by T-virus at Thu, 11 November | Comments (1)

NOVEMBER 16 FULL VIEWCOMMENTS(12)TOPMAIN
ハーフライフ2、そろそろ

今日5時ごろ(ジャパンタイム)、一番待たれているゲームソフトがいよいよ発売されます!

今回かなりユニークな事は、世界同時発売となる点です。Steamにまだ申し込んでいない人、今直ぐ申し込みに行って先にHL2をダウンロードするべきですよ。レビューを見る限り、このゲームは”最高よりも最高”だそう。もしも1つだけPCゲームを買うならばこれだけにして下さい、っていうような事は何度も書いてあります。とにかく、6年かけて作られたソフトは滅多にないですね!

日本語版について、Impressに記事があります。スチームに申し込んでも、そのまま日本語で遊べるようになっているらしいです。

ちなみに、スチームのアカウントで複数のPCにダウンロードするのは可能です。ただ、同時に遊ぶ事ができません。(例えば、家のPCも会社のPCにもインストールできます)

今夜5時1分から遊べるようになる、、、(暫く留守番電話なので、すみません)

Posted by PixelJunk at Tue, 16 November | Comments (12)

NOVEMBER 18 FULL VIEWCOMMENTS(3)TOPMAIN
Citroen のCM

CGChannelにあった、最近のCitroenのCMのビデオです。Transformer世代を思いっきり狙ってるんでしょうね。個人的にロボットのデザインはあまり好きじゃないけど、普通の車のコマーシャルよりオリジナリティーがあって面白いと思いました。


Posted by T-virus at Thu, 18 November | Comments (3)

NOVEMBER 19 FULL VIEWCOMMENTS(2)TOPMAIN
Webとは思えないクオリティと快適さでズーム可能
redman1.jpg

なぜか、またズームネタなのですが、WEB上でこちらは特別なソフトを必要とせず、(Flash等は除きます)ひとつの画像が、非常に近い距離までズームイン可能で、非常に遠い距離までズームアウト可能で、しかも解像度の高さを保持してくれるソフトがあります。まずは、このページをご覧ください。特に右下の車をうまくズームしていただきたいのですが、車のナンバープレートまで読み取れてしまいます。さらに注意深く見ると、あそこに赤いT-シャツの人がいたんだとか、ウォーリーを探せ!状態ですね・・・。さて前フリも済んだ事だし、この赤いT-シャツの彼はどこでしょう?なんてことも可能です。

これを可能にしているのは、Zoomifyer EZというソフトを利用しているからのようです。このソフトを扱っているZoomifyのHPにもいくつか例がおいてありますが、先ほどの町が一番良かったかもしれませんね。

Posted by woophin at Fri, 19 November | Comments (2)

NOVEMBER 22 FULL VIEWCOMMENTS(6)TOPMAIN
JFKリローデッド
jfkreload.jpg

MSNによると、スコットランドにある「Traffic Games」というゲームスタジオがケネディ暗殺事件をシミュレーションするゲームを開発しているらしいです。そろそろ41周年になるので、それと同時に発売する予定です。千円でネットからダウンロードできるようにするらしい。

これについてケネディの兄弟、Edward Kennedyは「最悪だ!」と言っているらしい。逆にTraffic Gamesの社長、Kirk Ewing氏は「喜んでケネディを殺す事が楽しいというより、Oswald(捕まったスナイパー)が一人で殺せた事を証明できる事が面白いです」と言っていました。続いて、「コンスピラシーセオリーが沢山あるけど、このシミュレーションをやって見るとやっぱり一人で(暗殺が)できる」と言っていました。確かにケネディ暗殺についての推論が複数出たので、これで事実が分かるならばいいかもしれません。

ゲーム性としては、記録されている事件を完璧に真似するほど点数が高くなります(例えば、JFKの頭を撃つと点数をゲット、JFKの奥さんを撃ってしまうと点数が減ります)。

シリーズのネタとして、ジョンレノン殺害事件やダイアナ事件シミュレーターなども考えられますね。

こんなんってどう思いますか?〈笑

Posted by PixelJunk at Mon, 22 November | Comments (6)

NOVEMBER 24 FULL VIEWCOMMENTS(4)TOPMAIN
PSPチャリティー

img_pack.jpg楽天とSCEが協力して、PSP500台をオークションに出してその売り上げを先の新潟震災への義援金と充てるそうです。
ちなみに落札したPSPは、実際の発売日よりも一週間も早く落札者届けられるそうです!ただ、ゲームソフトはまだ発売されてないのでゲームは遊べませんね。
また、このPSPには全て落札者の氏名と通しナンバーが刻印された限定版モデルになるそうです。

ふと思ったのですが、一週間前に配布するというのは、現在ネットオークションで賑わってる一般のPSPの落札競争に対する牽制も含まれているのかもしれません。同じ様に、落札者の氏名が自動的に刻印されるのも発売前の転売抑制の意味合いがあるようにも思えます。この時期の発表も、DSが真似をできないギリギリまで待ってから開始したのかもしれませんね。何にしても面白いアイデアだなと思います。

Posted by qul at Wed, 24 November | Comments (4)