MONTHLY ARCHIVE FULL VIEWCOMMENTS(0)MAIN
CEDEC2005

今年もCEDEC2005が行われます。Q−Gamesでは、今回は8/30と8/31の2日分を申し込みました。

選んだプログラムはこんな感じです。

流体の鉄人 〜ゲーム屋さんのための流体入門〜
流体力学のゲーム応用
今回は流体についてのセッションにまず興味を惹かれました。
(そのうちの一つは知り合いのピラミッドの方によるものです)


デュアルコアプロセッサのためのマルチスレッド対応ゲームの開発事例
これから発売される次世代ゲーム機は、どれもデュアルコアやそれ以上のシステムになっています。マルチスレッドを前提としたプログラミングはこれから必要になる技術だと思います。

次世代コンソールのためのマルチスレッド物理とPhysXのスケーラビリティ
これも同じく、マルチスレッドを前提とした物理プログラムというテーマに興味を持ちました。


事前計算ライティング テクニック: Part1
事前計算ライティング テクニック: Part2
PRTについてのセッションです。Q-Gamesは昔、PSPの為にSHデモを作った事もあり、社内にこのテーマに非常に興味を持っているプログラマがいます。PRTはSHがより発展したものだと思うので、今回の内容には期待しています。


あなたのゲームにシェーダを組み込むイロハ
流体のセッションの時間割が変更されてしまい、空いてしまったのでこれを取ってみました。


ゲーム開発におけるMaya(現在から次世代のプラットフォームへの対応)
会社でMayaを使っているので、とりあえずMayaに関する説明は聞いておこうと考えました。


XNA と開発者の未来 〜XNA から始まる未来〜
PSP®(PlayStation Portable) におけるネットワークゲーム開発
これは正直、他に取るセッションが無かったので選んでしまったのですが、XNAもネットワークも少なからずの興味はあります。特にPSPのネットワークについては詳しい話がされるのは今回が初めてじゃないかと思います。何か目新しい話が聞けると嬉しいです。


次世代プラットフォームXbox 360 におけるゲーム開発環境
内容も一つ前のXNAと重複する部分がありそうですが、とりあえず次世代機をテーマにしているので受けてみようと思います。


Q−GamesではCEDECに行くのは殆どプログラマのみです。ですので基本的にプログラマ的な内容のものを重点的にチェックしています。また、外国人参加者も多くいるので、講師が英語でスピーチする通訳系のプログラムも別の面で重宝します。(英語を直接聞けばいいから)
今回受講したものは全て30日、31日の内容のものです。29日の内容にも興味を引くものはあったのですが、やはりその1つのプログラムの為に東京まで行く事は金銭的に割に合わないと思いました。受講料+往復の交通費を考えるとどうしても難しいですね。できれば数日に分けずに1日で全てやってくれればいいのに、と毎回思います。

Posted by qul at Fri, 05 August | Comments (0)

AUGUST 12 FULL VIEWCOMMENTS(1)TOPMAIN
Julian Beever

今朝PixelJunkに面白いページを教えてもらいました(3D Illusionsのところを見てください)。ご覧のように、地面に「3D」の画像を描く芸術家のHPです。手作りのAugmented Realityみたいなもんですね。残念ながらどうやって手作業でそこまで正しく絵を射影できるか明らかになっていません(夜誰も見ない時プロジェクタを使うとか?または才能にだけに頼るとか?)

Da Vinciが5百年前にThe Last Supperにも同じ手法を使っていたましたし、特に新しいアイディアではありません。しかし今回のものはcaustics反射まで、いろんなエフェクトが再現されています。CGの時代にこんな単純なトリックでそこまで人を楽しませるのがすごいですね。

Posted by T-virus at Fri, 12 August | Comments (1)

AUGUST 14 FULL VIEWCOMMENTS(16)TOPMAIN
PSPでウインドーズ95登場!

PSPのハッカーがどんどん続けそうですね。今回x86のエミュレーターを移植して、ウインドーズ95まで動かす事ができました

pspwin95logo.jpg

ウインドーズと一緒に付いている暇つぶしゲーム「マインスイーパー」は平気で動くようです。リナックスも動いていますが、残念ながらキーボードがないと使えないみたい。そのうちにキーボードのエミュレーターは出来上がりそうですね。

次PSPはどうされるのかな?もしかして、「OS/X Tiger」のx86版?

Posted by PixelJunk at Sun, 14 August | Comments (16)

AUGUST 24 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
ファミコン新登場!?

Messiah Entertainmentというアメリカの会社がそろそろ自分たちで一から製作したNES(ファミコン)のクローンを発売するようです。ファミコンのタイトルもアメリカのNESのタイトルも動くらしい。宣伝のキャッチコピーは「ゲーミングを復活させるぞ」です。

日本で販売されるかどうか分かりませんが、まず写真をご覧下さい:(Generation NEXと呼ばれています)

今までこの会社は2.4Ghzの無線ゲーム機コントローラーしか作った事がないのに、どうして急にファミコンを復活したくなったのがさっぱり分かりませんね。

でも、元のファミコンより色々追加しているみたい。無線コントローラ、ステレオ出力、4色ではなく、16色、WAV再生、などなど。しかし、古いソフトならもちろん新しい方の機能が使えないので、Messiahが新しいソフトを作って行く予定があります。

まだ発売されていませんが、アメリカではたっぷり予約されているらしい。

任天堂はどう思うでしょうか?

Posted by PixelJunk at Wed, 24 August | Comments (0)

AUGUST 31 FULL VIEWCOMMENTS(3)TOPMAIN
CEDEC2005(30日)

先日行われたCEDEC2005に参加してきました。

会場入り口にあるアンケートに答えるとCEDECのグッヅが貰えるんですが、今年貰えた物はこれでした。

05-08-31_10-57[1].jpg

なんだか重たい箱だなと思って開けてみたら洗剤です(開ける前から洗剤の匂いが漂っていましたが)。「Microsoftはトップを狙う!」とか「XNAでコードがすっきり綺麗に」とか「もっとみんな清潔にしましょう」と言った意味なんでしょうか。箱のデザインもどこか似せていて、ちょっとアホらしくていいですね。

Posted by qul at Wed, 31 August | Comments (3)