MONTHLY ARCHIVE FULL VIEWCOMMENTS(0)MAIN
GSL

あちこちのグラグリックス論文に使われているSDL(Singular Value Decomposition)と言うアルゴリズムについて情報を探していたら、GSL(GNU Scientific Library)という科学技術計算ライブラリーを発見しました。名前通り、マルティプラットフォームの高レベルの数学ライブラリーです(物理化学的な部分もあります)。

機能の概要がこちらにあります。200年生きていても使い切れないほど色んな機能が実装されておりますね。

仕事では、自分が実装したものの結果を確認するために使っています。GSLソースコード自体が参考になるし、使われた論文のreferenceがちゃんと書いてありますから、それだけで役立ちます。

GSLはcygwinのインストールに含まれていますが、必要なら簡単にリビルドできます(ただ、-mno-cygwinでリビルドするとランタイムで落ちてしまう...詳しい原因を調べませんでしたが、テストプログラムだけをcygwin上でコンパイルしたら特に問題はありませんでした)

ちなみにGSLでは、古いライブラリーのFortranのソースコードのC化されたものが使われていて、特に、netlibというのが参照されます(例えばnetlibのサイト「SDL」で検索してみたら参考になれそうな資料がいくつか出てきました)。

そして、本件とは関係ありませんがnetlibのpolyと言うセクションはちょっと面白い。色んなエキゾチックな多面体の名前やデータが並んでます(「gyroelongated square dipyramid」、「parabigyrate rhombicosidodecahedron」...時間があったら描画してみよう..)。

Posted by T-virus at Mon, 03 October | Comments (0)

OCTOBER 11 FULL VIEWCOMMENTS(1)TOPMAIN
1st ave machine

会社のチャットルームに投げられたURLを紹介します。ちょっと変わったロボットのCGムービー(projects tab にいくつかのムービーがおいてあります)。AIやロボットに興味がある人はたまらないらしい...

ちなみに、QuickTimeがなかったので、ムービーを見るためにインストールしようとしたが、最近Itunesが勝手に同時にインストールされるみたいですね。Appleのソフトを使わずにQTを見るためにfree-codecs.comのQuickTime_Alternativeをインストールしました。(万が一必要ならReal_Alternativeもあります;うれしいことに最近raムービーが減ってきてるような気がしますが..)。Codec_Pack_All_in_1XP_Codec_Packも役立つかもしれません。

Posted by T-virus at Tue, 11 October | Comments (1)

OCTOBER 17 FULL VIEWCOMMENTS(9)TOPMAIN
DIEC 2005

立命館大学衣笠キャンパスで開催されるインタラクティブエンターテインメントをテーマにした国際シンポジウムDigital Interactive Entertainment Conference 2005『インタラクティブ・エンタテイメントの歴史と展望』のページがオープンしています。インタラクティブエンターテインメントをテーマにディスカッションが行われるのですが、講演者が非常に豪華なのです。

Nolan Bushnell:ノラン・ブッシュネル氏
ナッチング・アソシエイツ社にて世界初の業務用ビデオゲーム『コンピュータースペース』を開発。1970年にATARI社を設立し、『ポン』を開発。

Toru Iwatani:岩谷 徹氏
株式会社ナムコにて北米をはじめ世界中でヒットした『パックマン』を開発。他にも『ジービー』、『リブルラブル』、『リッジレーサー』など数々の作品を開発。

Atsushi Ogaki:大墻 敦氏
NHK衛星放送局制作部チーフ・プロデューサーで、日米ゲーム産業の創成期を克明に記した『NHKスペシャル新・電子立国』を担当。

Masayuki Uemura:上村 雅之氏
任天堂株式会社を経て、立命館大学先端総合学術研究科教授に就任。『レーザークレイシステム』、『カラーテレビゲームシリーズ』、『ファミリーコンピュータ』、『ディスクシステム』、『スーパーファミリーコンピュータ』などを開発。

Hideo Kojima:小島 秀夫氏
小島プロダクション代表。コナミ株式会社にて『メタルギア』、『スナッチャー』、『ポリスノーツ』などを開発。Newsweek誌「未来を切り開く10人」に日本人として唯一選ばれる。

Robin Walker:ロビン・ウォーカー氏
Valve Softwareのプログラマで、世界的に話題を呼んだ『Half-Life2』を開発。

Shigeru Miyamoto:宮本 茂氏
世界で最も有名なゲームクリエイター。『ドンキーコング』、『スーパーマリオ』、『ゼルダの伝説』、『ピクミン』などを開発。

Hirokazu Hamamura:浜村 弘一氏
ゲーム雑誌トップの刊行部数を誇る『ファミ通』の元編集長。現株式会社エンターブレイン代表取締役社長。

これだけのメンバーが揃うことは滅多にないので、興味を持たれた方は是非参加してみてください。(この記事を書いた時点で予約率が72%だったので急いでください。)どんな講演が聞けるのか今から非常に楽しみです。(Q-Gamesではメンバーが全員行くので、QのTシャツを見かけたら声をかけてください。)


diectop.jpg

Posted by Nendo at Mon, 17 October | Comments (9)