MONTHLY ARCHIVE FULL VIEWCOMMENTS(0)MAIN
SHADOW MONSTERS

s_monsters.jpg

スクリーンの前で自分で影絵を作ると、牙や毛、耳なんかが生えてきて
怪物に変身してしまうというインタラクティブ作品。
この作品の制作者はPSP、Eye Toyの開発にも関わっていたそうです。
鋭角なシルエットに反応するということでも無さそうだし、とても不思議です。
仕組みよりも、単純におもしろいと思わせるとこがとてもイイですね。

SHADOW MONSTERS 1 2

Posted by 3WD at Wed, 15 November | Comments (0)

NOVEMBER 16 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
パンドラの音楽ボックス

この間かなり面白いプロジェクトを見つけました:

www.pandora.com

普通のネットラジオと思われるかもしれませんが、実は全然違います。

このサイトでは過去100年分の曲を「DNA化」してて、ばらばらな曲の関連性を分かる事ができるようにしました。DNA化というのは、ある曲に対して400以上のプロパティを定義し、個人の感想とは関係なく、曲の内容を客観的に定義させている事です。
wikipedia
かなり細かいね。

ほんで、その「DNA」を利用して関連性が高い曲をどんどん繋げて行く事が可能です。使ってみたら分かると思いますが、意外と自分が聞きたい音楽を自動的に選んでくれます。

そして、アカウントを作ったら(無料)気に入らない選ばれた曲を拒否する事ができ、ちょっとずつそういうタイプが選ばれない様にAIが学んでいきます。そうやって、どんどん自分とぴったりの相性がいい音楽を選んでくれるようになってます。

アカウントを作る時に利用できる人は「アメリカ人のみ」と書いてありますが、Zip Codeの枠に90210を入力しておいたら問題なく通ります。

ちなみに、自分で作れるラジオステーションは100個までです。混ざったりもできます。例えば最初Eurythmicsを入力して、そしてメニューから「Add more music」を選んで「Human League」など「New Order」を入れるとそれ系の音楽ばっかりが再生されます、、、幸せ!(笑

これで聞いたことが無かったかなりいいアーティストを沢山発見しました。
やってみて下さい!いいラジオステーションが出来上がったら友達とシェアすることもできます!

Posted by PixelJunk at Thu, 16 November | Comments (0)

NOVEMBER 17 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
面接の仕方

最近のslashdotの記事のどこかにあった、Joel on Softwareの面接についての記事です(元の英語版はこちら)。参考になると思って紹介します。

メインのアイディアは以下のように

 In principle, it’s simple. You’re looking for people who are

  1. Smart, and
  2. Get things done.

まさにその通り。その二つの条件を満たさない人を断ればいい。簡単なはずでしょう?後は、面接中に正しく判断できるかどうかが問題。それについて現実的なアドバイスがたくさん書いてあります。

・「だめな人」が入ってしまうと、周りの人、そして会社への影響があまりにも大きいので、200%自信がなければ、雇わないこと。リスクを取らないで、判断しにくい場合は(その人が大丈夫な可能性があっても)雇わないこと。
・「自分のチーム以外ならその人は大丈夫だろう」と思ったら、雇わないこと。
・情熱がなければ、雇わないこと。

...などなど。それじゃ厳しすぎると思われても仕方ないかもしれませんが、会社の生き残りにかかわる問題ですし、特に人数が少ない会社では、そこで失敗する余裕がないと思います。

とは言っても人数が足りなくて条件を満たす人が中々現れないことが珍しくない。その場合はどうすればいいか、ちょっと意見を書いて欲しかったね。

Posted by T-virus at Fri, 17 November | Comments (0)