MONTHLY ARCHIVE FULL VIEWCOMMENTS(0)MAIN
ゲーム会社を目指す専門学校を志望する方々へ

「ゲーム会社の面接に行く前に必要な知識」についてのこのページが目に入りました。

イントロダクションでは「次世代のゲームの開発チームのサイズが徐々に増えていて、強い経験を持っている人を見つけることが難しくなっているので、高校レベルでも採用する会社が増えてきてます」と書いてあります。高校中退でも、いくつかの条件をクリアすれば、ゲーム会社に入ることは不可能ではないというということですね。条件というのは、色んな分野において、持たなければならない最小限の知識のことです(数学、プログラミング...)。まぁ、高校レベルで学校を辞めるにはよっぽどの自信と実力が必要と思いますけどね(そういう人もたまにいます)。

日本では専門学校からの応募者が少なくないので、この記事に興味がありました。なぜなら、専門学校の学生と高校生のレベルが近いからです。今まで面接でゲームの専門学校の学生を何十人かを見てきましたが、彼達が受けている授業について疑問を感じたことがあります。ここで専門学生方に私が感じたことを一プログラマー視点として書いていきたいと思います。


・C++の基本をしっかり覚えてもらうことが必要だと思います。Cを少しだけ勉強した後、そのCを忘れろ!きつい言い方ですが、C++は結構難しい言語なので集中的に力を入れることが大事です。もちろんSTLとtemplateを積極的に勉強しなければなりません(使い方、そしてメリットとデメリットを理解しなければなりません)。そのために本を読む必要があります(例えば、SoustrupのThe C++ Programming LanguageModern C++ Design...)。

・出来る範囲でCGの知識を増やしてもらいたい、特に数学が出来そうな生徒達。プロジェクトとしてゲームを作ることはとてもいいことですが、応募するときに、ゲームではなくても、その人の技術力を見せるものがあればそれでいいと思います。レイトレーサーとか、物理シミュレーションとか(例えば、Verletが実装しやすい)、シェーダを活かしたデモとかそういうのも見たいですね。

・英語を積極的に教えることが大事だと思います。ゲーム開発に関する英語の資料があまりにも多くて、英語を読むことが出来れば、プログラマーとしてもっと成長できると思います。2年間か3年間専門学校にいる間に、英語を勉強しないことがとんでもないことだと思います。私には理解できません、すばらしい最新技術を知るチャンスを逃しているからです。

・DirectXや.NETにこだわる必要は特にないと思います。個人的に、gccとOpenGLを勉強したほうが理解し易さの面でメリットが多いと思います。cygwinなどでプロジェクトを行えばLinuxに関する知識(Linuxコマンド、bashスクリプトなど)が自然に増えますし、学校側からみると開発環境がただになります。一石二鳥だと思います。

Posted by T-virus at Fri, 12 January | Comments (0)

JANUARY 18 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
introversionのblog

DarwiniaDefconを作ったイギリスのIntroversion社がblogを作り始めた。彼達がprocedural contentのよさを記事で語ったことがあって、今は前にふむふむで取り上げられた([1][2])city engineに近いものを実装しているようです。city engineを活かして室内のlayoutも作っているみたい。いいアイディアですね。

ちなみに、city engineのアルゴリズムを考えたPascalMuellerのWikiでは、昨年の12月から生成された街の3Dモデルをダウンロードできるようになりました。今は、Procedural Modeling of Buildingsのテストケースとして作られたPompei(ポンペイ)しかないのですが、ほかのが街が出るのを楽しみにしています。

ためしに実装してみたけどわりと楽しい。スクリプトが普通に動いてて、手作業でWings3Dを使ってパーツを作ってます。芸術的にはまだまだですけどね...時間があれば本格的な街を出してみたいと思います(以下の画像がintroversionのblogとはまったく関係ないものです)

houses.jpg
Posted by T-virus at Thu, 18 January | Comments (0)

JANUARY 23 FULL VIEWCOMMENTS(1)TOPMAIN
XBOX360

xbox360.jpg

ようやく次世代機が勢揃いしました!世間では、Wii、DSのほぼ独走態勢のようで、任天堂は昔のファミコン、スーファミ時代の黄金期を抜いて過去最高売上とのことです。確実にゲーム市場はかわりつつあります。

ただ個人的に、次世代機の中でもNo.1はXBOX360です。一年前に出たということもあり、なんといってもソフトが充実しています。比較対照機(PS3、Wii)が出揃ってはじめて、360の良さに気づく今日この頃です。

EAのファイトナイトラウンド3に始まり、Rockstar Games presents Table Tennis!これこそが360購入のきっかけとなったソフトです。卓球ゲームをここまで本気につくるその姿勢に感服です。そして、最近では、Gears Of Warあつまれ!ピニャータでしょうか。

こういった360の好きなゲームをあげていると共通点があります。海外制作、オンライン対応、そして続編、移植でないオリジナル(ファイトナイトは除きます)ということです。最近の海外製ゲームのクオリティはすごくよく出来ていて、以前どこかの記事でも見たんですが、かつては日本のお家芸だったTVゲームが、海外にその座を譲り渡しているという懸念があります。特に360は海外製ハードですし、それが顕著なのは仕方ありませんが。

もっとも残念なのは、お店でも隅に追いやられ(それはまだましで、店に売り場がない場合があります)、買いたいソフトも買えない現状です。手に取る機会がないんですから。

僕はゲームに関してはライトユーザーですし、割と気軽に出来るゲームが好きなんですが、360にはゲーム性、グラフィックの良さ、オンラインプレイの熱さ、ソフトの豊富さなど、いいところがたくさんあります。これからますます360には期待したいところです。

Posted by Yutan at Tue, 23 January | Comments (1)

JANUARY 24 FULL VIEWCOMMENTS(1)TOPMAIN
京都の人々

kog.jpg最近、縁あっていろいろな人と出会うことが多々あります。

まずはザ キング オブ ゲームズの方々。ご存知の方も多いとは思いますが、任天堂やセガから公認を受けて、オリジナルTシャツやパーカを作っている会社です。かつては京都のロフトマンという有名なショップで働いていただけに、そのクオリティ、デザインへのこだわりがとにかくカッコイイです。

そして、APNという京都を中心にアート活動、デザイン業務やカフェ、レストランをプロデュースしている方々。みなさんそれぞれ個性とパワーがあり、とても刺激を受けます。

元々は去年のE3にてキングオブゲームズの方と初めてお会いし、いろいろ話をしているうちに、共通の知り合いがいてびっくり。そこから広がって、APNの方にもお会いしました。なんとそこにも共通の知り合いがいたりと、本当に京都はせまく、会社の事務所も偶然ご近所さんだったりして、意外なところでのつながりに驚かされます。

特に両者の方々は、なんらかの形で同じゲーム産業に携わっていたりするので話もはずみ、集まればゲームをしたり、飲みにいってはくだらない話をしたり。

こういった人と人とのつながりって、本当に大切だと痛感する毎日です。   

Posted by Yutan at Wed, 24 January | Comments (1)

JANUARY 24 FULL VIEWCOMMENTS(3)TOPMAIN
スーパーエッシャー展 −ある特異な版画家の軌跡

denguri.jpg

だまし絵で知られるエッシャーの展覧会が東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催されていました。(2007年1月13日に終了)正則分割の仕組みを紐解いたエッシャーノートや、図式化されたバッハの平均率など、興味深い作品が多数出展されていました。

それらの作品の案内端末として、任天堂のDSライトが使われています。音声と映像で説明してくれるだけでなく、拡大したりノートのページをめくるなど、実際の作品ではできないことが可能になっています。ソフトは無償で貸し出され、年齢を問わず多くの来場者が利用していました。

1つのIT端末としてもDSライトが普及していることがよくわかります。今後、さまざまな場所でゲーム機が利用されると思いますが、どのような会社がどのくらいのコストで制作するのか気になります。(今回のソフトは、インテリジェントシステムズさんが開発に携わっているそうです。)

Posted by Nendo at Wed, 24 January | Comments (3)