MONTHLY ARCHIVE FULL VIEWCOMMENTS(1)MAIN
フットサル!!

IMG_1219.jpg

キュー・ゲームスでは月に数回、仕事終わりにフットサルを楽しんでいます。会社から車で数十分ほどのところにあるフットサル場は、山深く、周りを杉林に囲まれた最高のロケーション!空気もクリアです。

会社の中では発見できない仲間の意外な一面が見られるのも面白いです。サッカーの苦手な社員も得意な社員も混ざり合ってプレイしているのですが、やはり、サッカーの本場ヨーロッパ出身のメンバーは動きが違いますね。

私なんかは普段運動をしていないのでドリブルで足がもつれる有様ですが、フィールドを全速力で走っているだけで気分がスッキリします。ゲーム開発をしていると会社の中にいる時間が長いですから、こういった屋外での息抜きが大切だと思います。サッカーに限らず、飲みに行ったり、映画を見たり。

写真は先日のフットサルの光景です。

soccor000.jpg

soccor001.jpg

soccor002.jpg

Posted by kingyo at Wed, 03 September | Comments (1)

SEPTEMBER 04 FULL VIEWCOMMENTS(2)TOPMAIN
AFRIKA

先月の28日、プレイステーション3の話題作『AFRIKA』が発売されました。弊社スタッフも皆気になっていたらしく、プレイを始めると周りに人だかりができました。このゲームは、アフリカを舞台に依頼された内容に従って動物を撮影していきます。ゲームをプレイして私は、動物たちの営みのある土地を自由に探索することのワクワクと、物陰に隠れながらシャッターチャンスを狙うドキドキを感じることができました。

さてこのゲーム、動物たちのしぐさや雄大な風景はもちろん良いのですが、カメラへのコダワリがすごいんです。ソニーのデジタル一眼レフカメラ”α”シリーズが登場するのですが、その機能や雰囲気をなるべく再現するように作られています。最初のカメラは性能が低いため、誰でもαを手に入れた時に撮りやすいと感じることができるのではないでしょうか。これをキッカケに一眼レフの購入を考える人もいるかもしれません。

『AFRIKA』のようなゲームがきちんと市場に受け入れられて、今後も新しいタイプのゲームが出てくるようになると、ゲーム業界はもっとおもしろくなるかと思います。また、プレイステーション3のタイトルでありながら、ライノスタジオは25名程度で開発した点も驚きです。たまたまでしょうが、『メタルギア・ソリッド4・ガンズ・オブ・ザ・パトリオット』『SIREN:New Translation』、『AFRIKA』とプレイステーション3のタイトルは隠れる要素が好きですね。

AFRIKA_Fumu.jpg

Posted by Nendo at Thu, 04 September | Comments (2)

SEPTEMBER 08 FULL VIEWCOMMENTS(2)TOPMAIN
Q-Games 7th anniversary
7th_anniversary.jpg

先日、キュー・ゲームスは設立7周年を迎え、記念パーティを開催しました。

場所は、京都市の三条商店街にある「309 THE CANTEEN」という、イギリスの家庭料理が味わえるお店です。おいしい料理とおいしいお酒で、皆で盛り上がり楽しい夜をすごしました。


こうして迎えられたのも、キュー・ゲームスを支えてくださっているたくさんの方々、PixelJunkを楽しんでいただいているファンの皆様、そしてこのFumuFumu-Qを読んでいるすべての皆様のご支援、ご厚情の賜物と、心から感謝いたしております。

今後とも格別のご支援、ご指導を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

Posted by Admin at Mon, 08 September | Comments (2)

SEPTEMBER 18 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
TGS2008 センス・オブ・ワンダー ナイト
sown_logo2.png

TGS2008にて開催される「センス・オブ・ワンダー ナイト 2008(SOWN2008)」にPixelJunk™ Edenがエントリーされました。当日はEdenのプレゼンテーションを行います。

プレゼンテーションが行われる作品は個人作品から商品化されたものまで幅広くどれも触ってみたくなる魅力を持った作品です。

プレゼンテーションではEdenの「センス・オブ・ワンダー」な部分を皆様にお伝えしたいと思いますのでご期待ください。

東京ゲームショウ2008「センス・オブ・ワンダー ナイト 2008(SOWN2008)」

Posted by vine at Thu, 18 September | Comments (0)

SEPTEMBER 24 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
siggraph 2008

つらい飛行機の旅、象でも食べきれないアメリカの食事、そして毎日数時間教室で聞くふりをしなければならない数々のセッション...(万が一心から聞きたくてもジェットラグで寝てしまう)...会いたい家族と必ず待っている次の週の締め切り...とにかく今年もその全てを逃れることが出来てとてもホッとしました!

siggraphに興味がないわけではないのですが(若いときから毎年図書館やネットで詳しくチェックしています)、PDFで満足するタイプの男ですので。ちなみに同じことを考えてる人がほかにもいることを知って少し安心しました。

代わりにDVDがまだ届いてませんが、とにかくKe-Sen Huang氏のページにあったものの中で私にとって一番面白い論文を紹介したいと思います。

Posted by T-virus at Wed, 24 September | Comments (0)