MONTHLY ARCHIVE FULL VIEWCOMMENTS(0)MAIN
Refsign/リフサイン

個人的に親交のある友人が、サイトを立ち上げました。
refsign.jpg

Refsign/リフサイン

デザイン事務所にてWebデザインや企画などをしながら、最近では立命館大学にて非常勤講師もしており、活動の幅をさらに広げています。

そんな友人の佐野さんが立ち上げたこのサイト「Refsign Magazine」は、「ネットとリアルの融合をめざしたコミュニティの形成」をコンセプトに、クリエイティブな情報を発信するデザインマガジンとして運営していくとのこと。サイトのデザインもカッコイイですね。

特にお気に入りのコンテンツは「12人のプロフェッショナルによるブログ」のコーナーで、King Of Gamesの江南さん、PixelJunk™ EdenでおなじみのBaiyonさんなど、デザイン、インテリア、ファッション、フードなど、京都を拠点とした様々な方が参加されていて、今後の記事やコンテンツの充実が非常に楽しみです。

こうしてみると、京都は本当にいろいろな方がそれぞれの道でがんばっているんだなと、
とても刺激を受けます。まだまだ始まったばかりですが、ぜひ応援していきたいと思います。

あ、あと少し前になるんですが、同じ会社が運営しているTeepleというTシャツデザイン投稿サイトもオススメです。こちらでは自分でTシャツをデザインし、審査が通ればなんと商品になるというTシャツコミュニティサイトです。プロのデザイナによるTシャツも販売しています。
あなたも自分のオリジナルデザインを投稿してみませんか?

teeple.jpg

Posted by Yutan at Thu, 06 November | Comments (0)

NOVEMBER 10 FULL VIEWCOMMENTS(1)TOPMAIN
ゲームクリエイターの最前線

hkg_poster.jpg11/21(金)に、広島国際学院大学にてQ-Gamesによる講演会が行われます。

「ゲームクリエイターの最前線」というテーマで、PixelJunk™Edenをメインに開発手法や制作秘話など内容盛りだくさんの予定です。

こういった大学などに出向き学生さんと交流できるというのは、若いパワーに刺激を受けますし、とても良い機会ですね。入場も無料(学生・一般)なので、興味のある方はぜひお立ち寄りください。

なお、広島国際学院大学情報デザイン学部では教員の募集を行っているそうです。ゲーム開発者の間ではいつまで現役で働けるのかという話題がよく出るのですが、教育者になるという選択肢が出てきたことは興味深いです。

http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D108090676&ln_jor=0

講演会とは別に授業の一環としてのトークも行います。学生さんたちには是非ゲーム制作の魅力を感じ取ってもらいたいですね。楽しみにしています。

Posted by vine at Mon, 10 November | Comments (1)