MONTHLY ARCHIVE FULL VIEWCOMMENTS(0)MAIN
GDC 2009

gdc2009.jpg

いよいよ年に一度のゲームの祭典、Game Developers Conference 2009が米サンフランシスコにて3/23〜3/27まで開催されます。今年も任天堂の岩田社長の基調講演を筆頭に、著名なゲームクリエイターによる講演が予定されています。

Q-Gamesでも、今年はPixelJunk™Edenがご好評をいただき、アート、サウンドを担当したBaiyonによるトークセッションが行われます。日程は3/27(金)の14:30〜15:30(現地時間)で、内容は「Baiyon's CMYK vision」と題して、PixelJunk™Edenの開発におけるメイキング秘話などを講演する予定です。会場にいく予定のある方はぜひご参加ください。
gdca2009.jpg
また、会期中3/25に開催される「Game Developers Choice Awards」では、PixelJunk™Edenが「Best Downloadable Game」にノミネートされました! こちらの結果もどうぞご期待ください。なお最も栄誉のある「Game of the Year」では、今年度はLittleBigPlanetやGTA?など名作が目白押しです。日本のゲームがノミネートされていないのがちょっとさびしいですが、果たして栄冠を勝ち取るのはどのゲームでしょうか?非常に楽しみですね。

Posted by Yutan at Mon, 16 March | Comments (0)

MARCH 23 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
アンコール登場!!

PixelJunk™ファンの皆さん、お待たせいたしました!
いよいよPixelJunk™ Edenに拡張パック「PixelJunk™ Eden Encore」が登場します。

edenEncore01.jpg
昨年配信したPixelJunk™ Edenは多方面から評価をいただき、また明日から開催される
GDCIGFにおいても数々の賞にノミネートされるなど、世界中から注目を受けています。
そういった支持していただいているファンのご要望にお答えして、ついに拡張パックの配信が決定しました!

Posted by colnitiwa at Mon, 23 March | Comments (0)

MARCH 27 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
Inside Q-Games

PlayStation公式ブログ「PlayStation.blog」にて、Q-Gamesの代表取締役であるディラン・カスバートが、社内風景やPixelJunk™シリーズ開発スタッフを紹介する動画が公開されています。

こちらからご覧ください。
>>"See how PixelJunk is made! Inside Q-Games’ Kyoto base"

q_introduction_mov.jpg

確か撮影されたのは去年の夏から秋にかけてでした(半袖ですしね)。海外メディアの方が数人来社し、本格的な撮影をしていたのでなぜかみんな緊張していたのを覚えています。途中会社の向かいにある「御金神社」に参拝にいっています。なんとも京都らしいですね。

いよいよ京都の桜も見ごろを迎えようとしています。4月からは新人さんも入ってきますし、この機会にこういった会社紹介をfumufumu内でもしていきたいと思います。

Posted by Yutan at Fri, 27 March | Comments (0)

MARCH 30 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
Baiyon at GDC2009

GDC2009にて、PixelJunk™EdenでおなじみのBaiyon氏がトークセッションを行いました。
内容は先日の記事でもお伝えしましたが、PixelJunk™Edenにおける開発秘話、グラフィックやサウンドの制作、またそれに加えてBaiyonというアーティストとしての考え方や初めて経験したゲーム開発、そして近日配信予定の「PixelJunk™Eden Encore」についてなど、とても充実した内容となっています。

gdc2009_baiyon.jpg詳しい講演内容は、こちらのサイトで取り上げられています。ぜひ一度ご覧ください。

GAME Watch(impress)
4Gamer.net

こちらはビデオインタビュー(英語)です。
GameSpot(海外)


GDC2009も終り、「GameDevelopersChoiceAwards」や「IndependentGamesFestival」では惜しくも受賞は逃してしまいましたが、IGFにおいては、初の日本のゲームがノミネート(しかも3部門)という快挙を成し遂げました。今後の開発へまた大きな目標を掲げることが出来ます。応援してくださった方々、本当にありがとうございました!

Posted by colnitiwa at Mon, 30 March | Comments (0)

MARCH 30 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
From Counter-Strike to Left 4 Dead

今年のGDCも興味深いセッションが多く、ネット上で連日更新される記事をあちこちで拝見していたのですが中でもValveによるセッションがおもしろかったのでご紹介します。

『Left 4 Dead』は、AIディレクターと呼ばれる人口知能がゲーム展開をコントロールしています。そのAIディレクターも含めたゲームデザイン手法が詳しく紹介されており、とてもタメになります。(コチラでご覧下さい。)

L4D_GDC09.jpg

そして、Valveのもう1つのセッション”Valve's Approach to Playtesting: the Application of Empiricism”では、プレイテスト手法について語られています。昔ながらのプレイテストから、Steamのネットワークプレイを通じて収集されたデータの解析、さらには機械での計測までと、ありとあらゆる方法で「おもしろさ」を追求しています。この結果が、前述のAIディレクターに反映されていることがよくわかります。膨大な数のプレイ結果とそこでの発見を制御するAIは、今後どのようなゲームを生み出すのか興味深いです。

こちらのセッションの詳しい内容についてはコチラ

Posted by Nendo at Mon, 30 March | Comments (0)