MONTHLY ARCHIVE FULL VIEWCOMMENTS(5)MAIN
PSP版モンスターズ お披露目

gati_medium_1_5.jpg

先日PixelJunk™第4弾の発表がありましたが、同時にPSP版PixelJunk™モンスターズも正式に発表されました!

まだ海外のみでの発表ですが国内での発売も前向きに検討中ですのでご期待ください。

気になるPSPモンスターズの内容ですがオリジナルのモンスターズにアンコールのステージが収録されているのはもちろん、PSP版のみの新しいステージも追加されます。

gati_special_1_2.jpg

PLAYSTATION3版にはなかった新しいタイプのタワーやエネミーが追加されたことでオリジナル版のステージも新たな攻略が可能になっています。PS3版をやり込んだ人でも楽しめますね。

ポータブル版ということで2台のPSPを使ってのアドホック通信協力プレイやインフラストラクチャモードにも対応。通勤時間に遊びたい方も、お家でゆっくり楽しみたい方にもやさしいゲームとなっています。

気になる発売時期は2009年秋。期待してお待ちください。

Posted by vine at Fri, 01 May | Comments (5)

MAY 08 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
Terragen 2 リリース

いつの間にかTerragen 2がリリースされていました。Free版も更新されているようです。ギャラリーはこちらです。

今回私が特に楽しみにしていたのが雲のレンダリングです。完全3Dの雲が可能になったので。後、本当にフラクタルだけで、T2のギャラリーで見れるような綺麗な雲が作れるのか、自分の目で確かめたかったです。作業をしながら色々設定を変えながら色んなレンダリングを試しました(以下の画像です)かなり適当にやってもこうなります…

確かに、フラクタルだけで結構現実的な雲が作れますね…しかし広い角度で見るとただのフラクタルがなんとなく繰り返されるのが分かります。terragenは決まったカメラビューからレンダリングするので、それが大きな問題はないと思いますが。それでユーザが自分の画像データをシェーダの中で取り込むことが出来るので、うまく使えばバリエーションが出せます。でもデータを用意しなくても、デフォルトの状態で味わえるスケールが素晴らしいと思います。そのうちdemo sceneとかでCudaかなんかでどなたかがリアルタイム版を出すといいですね(リアルタイムトレーシングがどんどん発達してるし)。

開発のリードが「Star Trek: Nemesis」や「The Day After Tomorrow」に関わったとplanetsideのサイトに書いてありますが、なるほどという感じです。興味深い技術です。

29.jpg27.jpg
28.jpg16.jpg

Posted by T-virus at Fri, 08 May | Comments (0)

MAY 12 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
develop100 初ランクイン!

develop100.jpgIntentMedia社が行っている恒例の、世界で最も成功したゲーム開発会社ランキング「Develop100」の2009年版にて、Q-Gamesが堂々の100位ぎりぎりにランクインされました!なかなか狙ってもジャスト100位は受賞できません。とても光栄です!
このランキングは、前年の成果を元に集計しており、その年のゲームの売り上げや業界内での地位、与える影響など、重要となるキーポイントを基準に選定されているようですね。

気になる1位は、昨年の任天堂から今年はDiabloやStarCraftなどで有名な米Blizzard Entertainmentが受賞。以下、任天堂、Rockstar North、EA Canada、Capcomと続きます。
こちらのウェブ上の冊子では、より詳しい情報が掲載されています。

Q-Gamesでは、昨年はPixelJunk™モンスターズPixelJunk™Edenを配信し好評を博したのが大きな要因ではないでしょうか。今年もPixelJunk™第4弾やPSP版モンスターズなど、新作が目白押しです。どうぞご期待ください!

Posted by Yutan at Tue, 12 May | Comments (0)

MAY 16 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
Pixel City

ちょっと古いニュースですが、Shamus YoungのPixel Cityが最近あちこちに取り上げられます。びっくりするほどです([1][2][3] etc...)

Shamus Youngは自宅で仕事をしている37歳のプログラマーだそうですが、手続き的なプログラミングや最近のGPUの性能を試したくて、技術的にあまり派手なことせずに30時間ぐらいで町を生成するプログラムを開発すると言うプロジェクトをやることにしました(最終的に少し伸びました)

出来た実行ファイルのダウンロードはこちら。124kのスクリーンセーバとして実行できます。「Letter Box」オプションをオンにするとより綺麗に見えます。開発時間を考えると、なかなかいい結果だと思います。

開発日記はここからです(15ページあります)。本当にシンプルなことしかやってないですが、そこが日記の面白いところだと思います。自分が決めた時間内に終わらせるためにごまかすところが当然たくさんありますが、悪い意味ではなくて、センスのよさと多くの現実的な選択が目立ちます。今大学や専門学校でCG/ゲーム的なプロジェクトで頑張ってる学生に是非読んでもらいたい資料ですね。

PixelCity.png

ちなみに日記のビデオの作成についてのページでは、「エンジニアー(そしてプログラマー)の人が全体的なクオリティーの問題をごまかすためにマーケティングの人を見習ってもう少しプレゼンテーションを磨く技を身につけたほうがいい…そして僕もそれを効率よく活かしています」みたいなことが書いてありますが(大雑把な通訳を許しください)、少し笑いました…

Posted by T-virus at Sat, 16 May | Comments (0)

MAY 26 FULL VIEWCOMMENTS(0)TOPMAIN
正式タイトルが決定!!

先月末から今月初めにかけて、全世界で同時開催された「PixelJunk™1-4 ネーミングコンテスト」ですが、応募総数約10,000通にもおよぶ応募をいただきました。ありがとうございました。

多数の候補の中から慎重に審査した結果、ついに正式なタイトルが決定しました!
PixelJunk™ シューター」です!

pixeljunk_shooter.jpg

公式サイトでは上位入賞したタイトルと受賞者も掲載しております。詳しくはこちらをご覧ください。 「PixelJunk™ シューター」は2009年秋の配信にむけて鋭意製作中です。今後の動向にどうぞご期待ください!
Posted by Yutan at Tue, 26 May | Comments (0)