MONTHLY ARCHIVE FULL VIEWCOMMENTS(0)MAIN
養老孟司・宮本茂対談に行ってきました

先日開催された文化庁メディア芸術祭京都展の一環として、京都国際マンガミュージアムにて同館長で解剖学者の養老孟司さんと任天堂の宮本茂さんの対談が行われたので、聴講に行ってきました。

マンガの話やゲーム制作の話、メディアと子供たちの関わりなど話題は多岐に渡りましたが、印象に残ったのは、宮本さんのゲームやもの作りに対するとても軽やかな姿勢でした。
「頭で作ったゲームは自分が裃を着ているようで気持ちがよくない」
「デザイナーとして東京の方が先端のものがあるんじゃないかと憧れたこともあった(しかし京都にとどまった)。グローバルに展開しようとして何か意識したりはしない」
「マーケティングからゲームを発想することはない」
「以前、CM制作を担当したこともあるが、製品を作った本人がCMも作ると思い入れが強すぎてかえって魅力が伝わらないとわかり、やめた」
「ゲーム制作者は自分から閉塞感を生んでいるところがある」
「自機が3つなくなったらゲームオーバーというゲームのルールが足枷になった時、そもそもそのルール自体、自分たちが作ったものであって実は絶対必要なことではないのでは?と気づいた」
「解けない問題を解ける問題に置き換える。社長に『次も売れるゲームを作ってくれ』と言われても、その本質は儲かることであって、
極端に言えばゲームを作らない方が儲かることもあるかも知れない」
などの言葉は一貫して、何か一つの傾向に偏ったり、必要以上に力んだり、自分にないものを無理矢理引き出そうとしたりはしない、自然でシンプルなまなざしを感じさせました。

そういった姿勢は、養老館長がおっしゃった「子供の時からそのまんまみたいな顔しているでしょう。ここまで素直な子供の顔してる人はいないんじゃないかな」という宮本さんの若さの秘訣でもあるかも知れません。


以下にくわしいレポートがまとめられていましたので、興味を持たれた方は読んでみてください。
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20100906_392033.html
http://www.famitsu.com/news/201009/05033104.html
http://d.hatena.ne.jp/masa138/20100905/1283689357

ttl_o.jpg

Posted by bonba! at Sat, 11 September | Comments (0)

SEPTEMBER 16 FULL VIEWCOMMENTS(2)TOPMAIN
PixelJunk™ lifelike in TGS 2010

PixelJunk™ Edenで衝撃のゲームデビューを果たした京都在住のマルチアーティストBaiyonが、満を持してPixelJunk™シリーズに再臨!
彼のエッセンスが最大限に注ぎ込まれた新作コラボレーションタイトルが「東京ゲームショウ2010」にて映像上映中です!

TGS2010の期間中は、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンブースの大画面で映像を公開しておりますので、TGS会場にお越しの方はぜひチェックしてみてください!

「TGSに行けない〜!」って方も心配御無用。こちらのプロモーションムービーでお楽しみください!

PJ_lifelike.jpg

Posted by colnitiwa at Thu, 16 September | Comments (2)